スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ポケモンXY1話感想
XY1話

ポケモンXY 1話「カロス地方にやってきた!夢と冒険のはじまり!!」感想です。

XY冒険のスタート。
-----

カロス地方のミアレシティへと辿りついたサトシ達。
パンジーが受付を済ませている間、サトシは建物の上から飛び去る謎のポケモンを目撃する。

XY1話

ロビーへ行くとパンジーは妹のジムに電話をしていた。しかし妹は出かけてしばらく帰ってこないらしい。
サトシはバトルがしたくてうずうずしてしまうが、このミアレにもジムがあるようでそこに挑戦するのを決める。

XY1話

パンジーに見送られサトシは街中央のジムがあるプリズムタワーへ。しかしバッジ4個ないと挑戦できないと言われ門前払いをくらう。
タワーから飛び出したサトシをシトロンとユリーカの兄妹がお手製のグッズで救出してくれる。

XY1話

シトロン達も二人で旅をしているらしく最近ゲットしたというホルビーとピカチュウとでバトルをすることに。
ホルビーはすなかけでピカチュウの電撃をうまく防いで自慢の耳で攻撃を当ててくるが、
サトシもアイアンテールごと掴んだホルビーはにエレキボールを指示し、ユリーカ達も興奮している様子。

XY1話

そこにピカチュウを捕まえようとロケット団が乱入。ピカチュウが攻撃するもソーナンスが技を跳ね返してしまう。
ダメージを受けたピカチュウだが諦めず撃退しようとしてシトロンもマッドショットで援護する。

XY1話

しかしまた跳ね返されると突然ケロマツがピカチュウをかばい攻撃を受け、大ダメージに。
ケロマツは自分のケロムースを使って動きを止めて一斉に攻撃、ロケット団は吹っ飛んでいく。

XY1話

ポケモンセンターよりプラターヌ博士がいる研究所のが近いようで、研究所へと急ぐのだった。



-----

XY・カロス地方の第1話でした。

XY1話

研究所があるからかもですけどミアレからスタートなんですね。

ゲームではこれでもかってくらい他地方ポケ出てくるんですが、

アニメのイッシュの時思い出すとなんかもう不思議な感じですよね・・・。

エリキテル毎回驚いてたけどサトシはもう平気になったのかな。

ジムの電撃とかあの出し方はさすがに防犯のレベルなんじゃあ・・・w

シトロンは普段は見えてて時々メガネが光る感じなんですね・・・。

ユリーカもピカの電撃でもあの笑顔って凄まじいタフさのような気が。

ケロマツがいちいちムース被ってるの気になったけどなんなんだろう…

というかソーナンスvsケロマツが何気にうえださん対決って思ったのと

バトフロみたいにOPのジムリーダーに色付くとかはあるのかな・・。

XY1話
[2013/10/21 06:00 ] | アニメ感想 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<ポケモンXY2話感想 | ホーム | カロス地方>>
コメント
またまたコメント失礼します
ついにアニメも始まりましたねー
パンジーサンとはすぐお別れなのね
ゴーゴートとオンバーンをもう一回見たかったけど
またビオラのジム戦で出てきたりするかもですね!

シトロンは予告で見たときちょっと機械オタクのうざい系かなとか思ったけどそうでもなかった
ユリーカ?ユリイカ?ヤリイカ?はまだポケモン持ってないんですね~次回ゲットするのかな?

そしてセレナ!かわいいですね~なんか今風って感じ
驚いたのは家の前のサイホーン、あれは乗るためだったのね、、、ゲームのやつも乗れるようになるのかな?

ケロマツは自分が選んだポケモンだったから活躍してうれしい、でも言うこと聞いてくれなそーですね(^_^;)

[2013/10/22 00:22]| URL | ユウカ #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。

パンジーさんたま~に出てきそうですけど一回バトル見てみたい気もしますねー。
ユリーカは年齢的に?ポケモン持てなくてシトロンに代わりにキープ(ゲット)してもらうとかで。
ヤリイカだと人間ですらなくてマーイーカになっちゃいますよ・・・w
セレナはどことなくヒカリっぽい印象入ってますよね…マサラで何があったのか気になる所ですけど。
ケロマツのあのムース投げつけてたのが個人的にちょっと驚きでした。
[2013/10/23 06:03]| URL | しらたま #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。