スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ポケモンBW140話感想
BW140話

ポケモンBWシーズン2Da! 56話「デントVS氷の挑戦者!サンヨウジムの危機!!」感想です。

デコロラ編の18話。

-----

ガンリュウ島に辿りつこうとしていた矢先、デントにポッドとコーンから電話が。
どうやらジムで何かが起こったようで、詳しい事を話すためポッドとコーンも島に向かっているらしい。

BW140話

原稿を書くパンジーとは別行動する事になり、いつも料理を作ってくれるデントのためにサトシとアイリスで料理を作る事に。
デントとヤナップは木の実を取りにいき、帰ってくるとユキノオーが。木の実をあげようとすると逆に攻撃をされてしまう。

BW140話

むやみに近づいた罰と話すドラゴのポケモンらしく、更にそこにポッドとコーンがやって来る。
二人によるとドラゴはシンオウからサンヨウに挑戦しに来たようだが、バッジではなくジムの看板を奪いに来た道場破りらしい。

BW140話

挑発に乗ってしまったポッドとドラゴのマンムーの対決は、相性の悪さをものともしないパワーでドラゴが完勝。
続いてコーンが挑みまた氷のオニゴーリとのバトル。こちらもレベルの差を見せつけドラゴが勝ってしまう。
デントを含めた3人のジムだと知ったドラゴはデントも倒す事に決め、シンオウとイッシュのトレーナーが戦ったこの島にやって来たのだという。

BW140話

バトルは灯台の下で行う事になり、デントは一番長く旅をしてきたヤナップのテイストを改めて語る。
デントは旅で経験した全てを活かしたいとも話し、ポケモンを想う気持ちはサトシやアイリスから学んだという。

BW140話

そして灯台へ向かうとドラゴの姿が。バトルが始まるが、ユキノオーの特性でいきなり辺り一面雪まみれに。
穴を掘るとかいりきでお互い技を当てたところでデントがでテイスティングタイムを始める。

BW140話

デントが旅で感じた心を一つにする事の大事さ、三つ子で心を一つし頑張ってきた事を語る。
勝てばいいだけというドラゴにもポケモンと心を一つにしなければ本当の喜びを感じる事はできないと言い放つ。
絶対零度を穴を掘るでかわすものの、ふぶきで凍らされるヤナップ。窮地に陥るが太陽の力も合わせて氷を砕く。

BW140話

そして心を一つにしたデントとヤナップは岩石封じを決め、ドラゴに勝利。ヤナップはユキノオーに自分の葉っぱをあげドラゴは去る。
ジム破りが現れる事を心配したデントがジムに戻ろうとするがコーンは旅を続けたいか尋ね、デントも今まで通り旅を続ける事に。



-----

サンヨウジムの道場破りと三つ子話でした。

BW140話

ムサコジ出てもこなかったけどガンリュウ島なんですね・・・。

わざわざシンオウから来てしかもサンヨウ相手っていうあれですけど、

ヒヤップの技とか見る限りはサンヨウ初心者用のジムですよね・・・w

ドラゴさんあんな強いトレーナーなのに何で道場破りしてるんだろう。

氷ポケだけなのとあの格好とか見るとただの趣味っぽいですけど・・・。

デント強くなってるけどやっぱり二人を見てきたってのが一番なんですね。

心を一つにして旅で培った全てを出したのも最後の最後で熱かったなぁと・・・

BW140話

テイスティングタイムも決まっててもう結構歓迎されてるんだって思ったのと

ヤナップちぎって葉っぱあげてたのがどっかのヒーローみたいで何気にすごくて・・・。
[2013/09/18 02:50 ] | アニメ感想 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ポケモンBW141話感想 | ホーム | 6文字猫>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。