スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ポケモンBW134話感想
BW134話

ポケモンBWシーズン2Da! 50話「パンジー登場!エリキテルとゴーゴート!!」感想です。

デコロラ編12話。

-----

木の実が豊富なミノリ島に上陸した一行の元に慌てたポケモンが走ってくる。
図鑑を開いても記録されておらずゲットしようとするが、電撃を発してそこにトレーナーのパンジーが。

BW134話

パンジーによるとミネズミに驚いて逃げてきたようで連れていたゴーゴートと同じくカロス地方のポケモンらしい。
パンジーは世界中を飛び回るポケモンルポライターをやっていて、ポケモンの生態を調べ雑誌に投稿するのが仕事なのだという。

BW134話

この島にはポケモン相撲大会を見に来たようで、昔話の木の実を巡り争ったポケモンがルーツらしい。
アイリスはカイリュー、デントはヤナップ、サトシはチャオブーで参加する事にしひとまず名物の木の実パイを食べに行く。

BW134話

ぶつかってきて先にパイを取ったトレーナーにサトシが怒り、向こうもそのまま去ってしまう。
パンジーはエリキテルに協力してもらい機材の充電をし、いよいよポケモン相撲が始まる。

BW134話

アイリスとカイリューはうまく相手を持ち上げるが勢いでしっぽがついてしまい負けに。
デントとヤナップは避けていたが張り手で場外に飛ばされ、残りはチャオブーだけに。

BW134話

決勝まで勝ち進むと相手は先ほどのゴルーグのトレーナー。体格とパワーの差では負けているものの、
回り込んで体当たりを食らわせた事でチャンスに。その勢いで足を掴んで投げ飛ばし、見事チャオブーが優勝する。

BW134話

落ち込んでいる様子を見て昔話を思い出したサトシは副賞の木の実をわけてあげる。
山盛りの木の実を観客にもプレゼントし、大会は終了。目的地が一緒のパンジーと同行することになった。



-----

パンジーさんと相撲大会の話でした。

BW134話

XYに出てくるキャラがなんか早々と登場してきましたね。

見たらエリキテルの発電とか臆病なのって公式の設定だったんですが、

お尻(?)から電気出してたのびっくりすぎてあれもそうなのかなぁと・・・。

ゴーゴートもそのうち乗って移動する場面とか出てきそうですよね。

ポケモン相撲はやっぱり体型的にチャオブーが選ばれたんですね・・・。

大きさでいったらリザードンとかも向いてそうな気がしたんですが、

ヤナップはあのでかいポケモン達相手に押し出しとかできるのかな・・・w

あとカイリューとパイの差ありすぎで一口ぶんくらいなんじゃあって感じですね・・・

BW134話
[2013/07/26 03:52 ] | アニメ感想 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<おどろき | ホーム | ラッシャイ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。