スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ポケモンBW131話感想
BW131話

ポケモンBWシーズン2Da! 47話「サトシとアイリスが絶交!?別れの1本道!!」感想です。

デコロラ編の9話。

-----

デコロラでも面積が広いらしいオオキナ島というところに上陸したサトシ達。
探索がてら道を歩いているとアイリスが花畑を見つけ、キバゴから花の髪飾りをもらう。

BW131話

その後珍しい野生のノコッチが現れサトシはゲットしようとするが、いやなおとの衝撃でアイリスの髪飾りを壊してしまい、
よろけたキバゴがピカチュウに当たり攻撃が外れてノコッチは逃げていってしまう。

BW131話

それをキバゴのせいにしたサトシと花が壊れてしまった事でアイリスが怒り先へ行ってしまう。
サトシはピカチュウが見つけた木の実をアイリスにも渡す事にするが、たまたまアイリスのだけ不味い木の実だった。

BW131話

わざと不味いのを渡したと思ったアイリスはサトシに絶交と言い放ち、別々に行動することになる。
サトシとデントは木の下で寝泊りの支度をする。ボールから出たポケモン達がアイリスのいない事に気付く。

BW131話

キバゴと仲のいいズルッグは悲しんでいた様子だが、デントが一本道だから距離までは離れないと説明。
ポケモン達は雨の中アイリスを待ち、サトシとアイリスも考え込んでいるようでお互いに木の上で寝て夜が明ける。

BW131話

翌朝ズルッグとピカチュウがアイリスを迎えに行った事を聞かされ、サトシはポケモンにも後押しされてアイリスの元へ。
しかし進むとロケット団がピカチュウ達を捕まえようとしていて、サトシとデントも網に囚われてしまう。

BW131話

そこにアイリスとキバゴが現れ気球を破壊、連係プレーでサトシのピカチュウがロケット団を吹っ飛ばす。
それからお互いに謝り仲直りができたようで、キバゴとピカチュウが持ってきた木の実と花を交換したのだった。



-----

サトシとアイリスの喧嘩回でした。

BW131話

OPが明けても絶交のシーンから始まってたんですが、

デントの回想とか語り(?)みたいのが入るの珍しいですね・・・。

絶交になった時も仲直りでもりんごが活躍するなぁと思ったんですが、

苦いの食べた時サトシだけじゃなくてデントも笑いこらえてたりで、

下手したらアイリスに二人とも共謀してると思われてたんじゃあw

リザは尻尾の炎を守ってたけどチャオブーは雨だったら平気なのかな・・・。

ポケモン達の協力があったりだったのも面白かったですよね。

ニャースも語り便乗してたけどR団最近ほんと待ち作戦ばっかりのような・・・。

BW131話
[2013/07/02 03:41 ] | アニメ感想 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<スタンプスタンプ | ホーム | ポケモンBW130話感想>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。