スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ポケモンBW130話感想
BW130話

ポケモンBWシーズン2Da! 46話「サトシとバタフリー!また会う日まで!!」感想です。

デコロラ編8話目。

-----

渡りをするポケモン達がやって来るワタリ島というところに辿りついた一行。
森を歩いているとトランセルの群れがバタフリーに進化し、旅立っていく場面に遭遇する。

BW130話

しかし進化できずに乗り遅れてしまったキャタピーがいたようで、サトシは昔出会ったキャタピーの事を思い出す。
放っておけなくなったサトシはキャタピーの進化の手伝いをする事になるが、寝てばかりののんびり屋だった。

BW130話

ハハコモリが攻撃をするとたちまち逃げてしまうが、木から落ちたキャタピーをサトシが助けると手伝いを了承してくれる。
キャタピーと一緒に寝てみたり木登りをしたり、ランニングで日々の特訓を続けていく。

BW130話

キャタピーが生い茂るオレンのみを食べ始めるが、凶暴なリングマの縄張りで追いかけられる。
崖に追いつめられるが土壇場でキャタピーが体当たりし、ピカチュウが撃退。キャタピーはトランセルへと進化する。

BW130話

ジョーイによるとバタフリーの群れが1週間後に着くらしく、そこに合わせて特訓を重ねることに。
サトシ達が朝から晩まで特訓をているとロケット団がピカチュウとトランセルを奪い逃げようとする。

BW130話

気球にしがみつくサトシだったがモロバレルに上からのしかかられ、それを見たトランセルはバタフリーへと進化。
サトシが落ちてしまうとバタフリーは念力で救出。そのままピカチュウも助け二匹でロケット団と吹っ飛ばす。

BW130話

飛び立ち始めた群れと一緒にバタフリーも見送る事になり、サトシは惜しみながらお別れをするのだった。



-----

BW130話

キャタピーの進化を手伝う回でした。

初代のバイバイバタフリーを思わせる話だったんですけど、

最後の別れのシーンなんかはもうそのまますぎて驚きました・・・。

最初にゲットしたポケモンだし初代から見てる人は思い入れもありますよね。

ロケット団ずっと見てたわりにはピカチュウしか狙ってなくって、

なんかトランセルの進化の手伝いしに来たみたいになってたような・・・w

数日はかかってるけどやっぱあっという間に進化するんだなぁ・・・

跳び箱とかマラソンとか特訓のノリが体育会系だったりとか、

顔にのしかかられても落ちないのが相変わらずすごすぎましたね・・・。

BW130話
[2013/06/25 22:25 ] | アニメ感想 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ポケモンBW131話感想 | ホーム | スラッシュ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。