スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ポケモンBW121話感想
BW121話

ポケモンBWシーズン2エピソードN 37話「プラズマ団襲撃!復活の儀式!!」感想です。

エピソードNも終盤の13話。

-----

プラズマ団に操られたゴルーグ達がデントやアイリスに襲い掛かる。
どうにか防ごうとするも今度はアクロマのメカで手持ちが操られそうになり、急いでボールに戻す。

BW121話

3人はプラズマ団に囚われてしまい、残りは身を隠したハンサムと地下のサトシ達のみに。
サトシはポケモン達に協力してもらい地下を掘り進め脱出を図る。そんな一行を見てNも穴掘りに協力。

BW121話

辿り着いた先には囚われた3人とプラズマ団の姿が。プラズマ団はNとストーンを確保するため攻撃を始める。

BW121話

攻撃を受けたリザードンを心配するチャオブーとのコンビ技がゴルーグらに炸裂し、
それに刺激を受けたワルビアルやミジュマル、ツタージャも技を出す。しかしまたもアクロマのメカが迫る。

BW121話

ハンサムがプラズマ団の妨害をしている間にボールに戻したサトシだったが、ピカチュウだけはボールに戻せず。
電波を浴びたピカチュウは操られサトシ達に攻撃を繰り返す。サトシは絆を見せようとするが電撃で気絶してしまう。

BW121話

そんな中Nがストーンと引き換えに電波を止めるように脅迫。電波は止まるがストーンがプラズマ団の元へ。

BW121話

そこへ総帥のゲーチスが到着。早速レシラム復活の儀式に取り掛かる。Nはゲーチスに過去の失敗を言い聞かせるが、
ゲーチスはNの代わりにコントロールマシンを使うと宣言。目覚めたサトシはNの元へ。



-----

レシラム復活の儀式までの話でした。

BW121話

この前に続いてピカチュウまたもや操られてましたね・・・

前は絆パワーで洗脳を破ったけど今回のは強敵すぎたのかな・・・。

最初サトシを睨んでたのにすぐに標的が切り替わってて、

代わりに攻撃されまくってたデント達がなんかあれでしたね・・・w

ハンサムさんはやっぱりポケモン持ってないんでしょうか。

鉄パイプよりギンガ団の時の対人拳法使った方がけちらせそうですよね。

Nも遂にライトストーンと一緒に囚われちゃってたんですが、、

マシンだけでいいのにNも捕まえたのは何のためだろう・・・。

そういえば今回レシラムくると思ったら次回だけなんですね。

遺跡で終わりそうですけど何回かでレシラム見たかった気が・・・。

BW121話
[2013/04/16 04:50 ] | アニメ感想 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<どっていう | ホーム | キノコ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。