スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ポケモンBW112話感想
BW112話

ポケモンBWシーズン2エピソードN 28話「アクロマVSハンサム!プラズマ団の陰謀!!」感想です。

N編4話目でプラズマ団登場。
-----

サンギタウンに辿り着いた一行の前に、3匹のモロバレルが襲い掛かってくる。
攻撃をすると気絶してしまったようで、急いでポケモンセンターへ向かうがそこには同じく運び込まれたポケモン達が。

BW112話

天文台に怪しい人物がいるとの情報もジュンサーに寄せられ、サトシ達は天文台がある山へ向かってみる事に。
通常ののどかな山だったが突然ピカチュウやキバゴが異常な目になりサトシ達を攻撃してくる。

BW112話

それを山男が助け、装置でバリアーを張り電波を食い止める。山男の正体は国際警察の捜査官、ハンサムだった。
ハンサムによるとプラズマ団という悪の組織がイッシュ地方の制圧を目論んでいるようで、
そのプラズマ団がこの山でポケモンを凶暴にする電波の実験を行っているのだという。サトシ達もついていく事に。

BW112話

天文台へ着くとゲーチスの手足と名乗るプラズマ団の一味が。一行に攻撃し、建物の中へ。
追いかけた先で科学者のアクロマも登場し、凶暴にする実験の成果を試すため洗脳したツンベアー達に襲い掛からせる。

BW112話

サトシ達はポケモン達に呼びかけるも意味はなく、ピカチュウ達で攻撃を食い止めるとピカチュウの力に興味を持ったアクロマが装置を発射。
その装置に操られピカチュウは再び凶暴化してしまい攻撃をしてくる。サトシはピカチュウに問いかけ続け、自力で元に戻ったピカチュウの装置が壊れる。

BW112話

その力に関心している様子のアクロマだったがそこにデータをハッキングしに来たロケット団が。その拍子に凶暴化ポケモンも元の状態に。
実験のデータは取れた事でプラズマ団も撤収する事にし、追いかけようとするが施設の自爆タイマーが作動する。

BW112話

山のポケモン達を救出しどうにか爆発から逃れる。一方プラズマ団に攻撃されロケット団は吹っ飛ばされる。
ポケモンセンターのポケモン達も回復したようで、ハンサムはまたプラズマ団の足取りを追うのだった。



-----

プラズマ団の実験とハンサムさん登場回でした。

BW112話

アクロマさんがどんな悪役になってるのかと思ってたんですが、

基本はやっぱりゲーム通りの自分の研究命キャラだったのかなぁ。

所々悪い顔してたりゲーチスの後のニヤリ顔もありましたけど・・・。

アニメプラズマ団はイッシュ地方の制圧が目的なんですね。

凶暴化したポケモン解き放って混乱させるとかする気なのかな・・・。

R団も怒りのエネルギーで強化するみたいなのやってた気がするんですけど、

ムサコジデータ盗んでたし全く覚えてなさそうですよね・・・w

盗んだデータ残ってるならR団もまた何するつもりなんだろう。

BW112話

ピカチュウも元に戻ったけどキバゴ以上に凄い顔になるなぁ・・・。
[2013/02/11 11:08 ] | アニメ感想 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<2番手 | ホーム | 金のコイキング>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。