スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ポケモンBW111話感想
BW111話

ポケモンBWシーズン2エピソードN 27話「新ジムリーダー・チェレン!」感想です。

N編の3話目はチェレン。
-----

ヒオウギシティに辿り着いた一行はマップを見るが、ヒオウギジムが載っておらず。
サトシがジムの場所を聞きこんで行ってみると、そこはトレーナーズスクールのような学校だった。

BW111話

事務員によるとスクールも兼ねたヒオウギジムらしく、卒業した生徒にも役立てるためにジムも併設したのだという。
先生のチェレンはジムリーダーの資格を取得したばかりで、ジムもまだ準備中の段階だったため地図に載っていなかったらしい。

BW111話

事務員の提案でエキシビションマッチを行う事になり、それまでチェレンが学校を案内することに。
ジムリーダーの重圧に押され気味のチェレン。デントは挑戦者がいいトレーナーになれるよう後押しするのがリーダーの役目と力説。

BW111話

サトシ達が見学している間にキバゴ達のいたずらでピカチュウの声が大音量で放送され、学校内のポケモン達が逃げ出す。
チェレンがポケモンハウスへ向かうとそこは空っぽ。サトシ達が手分けして逃げたポケモンを捕まえに行く。

BW111話

どうにか一通り捕まえたものの、最近ここに来たばかりのコリンクが見つかっていない様子。
教室を見るとコリンクと生徒の姿があり、怯えるコリンクは捕まえようとする生徒に電撃を放つ。

BW111話

どうやらポケモンハウスに入った生徒が扉を閉め忘れ、例の大音量のせいでポケモン達が逃げてしまい責任を感じていたらしい。
チェレンがコリンクの電撃を浴びながらもなだめる事に成功し、いよいよサトシとチェレンのバトルに。

BW111話

ハーデリアのかみなりのキバをなんとかかわすミジュマルだったが、ホタチを蹴飛ばされ取りに行っている間に、
再びかみなりのキバが決まりチェレンの初ジム戦初勝利に。生徒たちからも褒められるチェレンだった。



-----

ヒオウギジムのチェレンの回でした。

BW111話

チェレンはBW2のほうの新人ジムリーダーとしての登場でしたね。

本当にチェレンなのかと思うくらいの爽やかキャラになったなぁ・・・。

バッジかけたバトルになっちゃうからジム準備中になったのかな。

他のポケモンは群れだったけどコリンクは一匹だけなんですね。

ほうでん?の青い電撃だと余計に痛そうに見えてあれですね・・・。

ジムリーダーは挑戦者に時には指導もするって言ってたんですが、

デントの場合ソムリエも兼ねてるからどっちがどっちなんだかがw

タイプだけじゃなくて手持ちアロエさんと被ってるけど何も言われないのかな・・・

BW111話

キバゴがいたずらするとだいたいピカチュウ巻き込まれてますね・・・。
[2013/02/04 05:28 ] | アニメ感想 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<マメパト | ホーム | デッキシート>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。